So-net無料ブログ作成

美しい懐メロ [お稽古・勉強]


以前に書いたことがあると思います。
私はコーラスで歌をやっているのです。

基本的に、コーラスで取り上げる課題曲は昔の歌。
混声楽曲にして如何に綺麗に聞こえるかが重要です。
歴史的には欧州の石作りの部屋で、芸術性を高めて来た。
日本のような、民族曲で皆で歌う労働歌ではない。

あと教会で神を称える為に発展してきた。
清貧であるべきだと、楽器で奏でるのではなく歌声のみ。
男性だけとか、女性だけで歌われて来たのです。


それが、アフリカからの奴隷時代が変革をもたらした。
欧州や米国で、黒人奴隷が全てを奪われ、文化も奪われた。
あてがわれたのは、支配としてのキリスト教の歌だけ。
さらに教会も別にして、黒人達だけで讃美歌を歌った。
それがゴスペルになった。
黒人特有のリズミカルな音楽が、バロックを蹴散らした。
それがジャズになり、リズム&ブルースになった。
やがて白人にも浸透して、ロックに活かされるようになった。
白人の労働歌はカントリーミュージックになり、ポップスへと活かされた。


それが第二次大戦前後に日本に、土着音楽として入ってきたのです。
ジャズのブームが、ロックのブームが起きた。
アメリカでの奴隷制度が廃止されて、ゴスペルの文化が映画として日本にきた。
日本でもゴスペルの音楽が、コーラスとして残ったのです。
それが私の手元にも来たのです。
巡り廻って、私の心に神の光を届けることになった。
それも日本アレンジでです。


かれこれ片手で済まないくらいの期間、歌って来ました。
日本風のゴスペルは、クワイヤーよりもコーラスが似合う。
差別や偏見の歌よりも、喜びの歌がイイのです。
唱歌を歌って育った世代なら、日本風のコーラスでゴスペルを歌う。
これが一番心の届く歌になる。
欧州や中央アジアの神々と縁を切った、賛美の歌です。
神々の国に相応しい歌になります。


日本に来た、新たしいロックやポップスも、日本風になった。
「カレーうどん」や「スパゲッティ―ナポリタン」「ハンバーグ」みたいなもの。
いつの間にやら、味は日本風の調味料で味付けられて、庶民に浸透している。
歌も全て日本風なのが、日本人に合うのです。



だから懐メロも、いつの間にやら日本式コーラスへ。
何だか変だなと思いつつも、四声合唱へ。
昭和の演歌やポップス、平成のロックやR&Bだってコーラスへ。
そのコーラスもアレンジされてゴスペルに。
神を称えるフレーズらしいものが含まれていればいいのです。
讃辞に言葉を言い換える必要も無い。
気持ちだけあればいいのです。
それと後ろ拍のリズムがと、クラッピングがあればいい。
手拍子で後ろ拍にリズムを刻むだけです。



神々の棲む日本に相応しい外国音楽。
それがゴスペルのようです。
精霊たちを称える音楽になる。
そして御利益で一杯になるのでした。




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。