SSブログ

考えるな、感じろ!? [TV番組・映画]



タイトルの文字は、カンフー映画の名台詞です。
外国映画ですから、現地の言葉か英語で語られます。
本当にこう言ったのか、調べていませんので曖昧です。
 
映画の字幕は”意訳”ですから、翻訳家の気持ち次第。

でも、違った言葉でも構わないのです。
視聴者が感動すれば結果オーライでしょう。
どうせ暇潰しのエンタメです。

問題が有るとしたら、反日文化の映画である事でしょう。
今ならネトウヨに大騒ぎされて、上映さえされないかも。
実際に右翼やネトウヨに騒がれて、話題だけ残して未上映の作品もあります。
 
小説が文字で描かれる作品です。
映画は映像なので、最小限の会話で構成されても伝わります。
漫画はその中間でしょう。
テレビドラマは、画像を見ないで過ごす”ながら”が多いです。
なので漫画と小説の中間の作りをしています。

素人や関係者以外知らない事実ですが、特徴があるのです。
そこで同じようでも映画とドラマの脚本に、出発点の違いが生まれる。
平成になってだいぶ近づきましてけれどね。
その他の違いは、単発と連作の違いでしょう。
小説なら読み切り作品と、シリーズ物くらい違います。
 
漫画だって読み切りと週間連載は違う作りです。
週間と隔週と月刊に季刊と、間隔によって作りが変わります。
この辺りも、読者に関係ない違いですね。
週間連載と季刊連載は、読者の反応が作品に反映されがちです。
 
考える事と感じる事の違いが、媒体毎に大きく影響します。
なので新人賞に応募する場合は、完全読み切りの短編になります。
小説や漫画、映画もドラマも、その点は共通です。
次の見える終わり方を好みません。

ところがデビューして、売れっ子になると困るのですね。
投稿期間が長い程、読み切り脳になります。
初投稿でデビューすると、いきなり連載に取り組みますが読み切りの影響は薄い。
思考が固まる前に、連続の作風に慣れて成長します。
苦労してデビューすると、上手く行かなくて短命で終わる。

業界の都合で、大切な才能が切り捨てられてしまうのです。
これを新陳代謝と読んで良いモノか?
そう思うのです。

自分も何に取り組んでも上手く行かない。
苦労に苦労を重ねて今に至ります。
技を磨く程に、業界と乖離した才能に育ってしまうでしょう。

お店で売られるペットと同じく、若い程良いのです。
企業で新人を積極採用するのも同じ理由です。
即使える才能を積極採用と言う割に、汎用性や専門性を求めない。
欲しいのは真っ白な才能の余地なのです。
正しく、考えるより感じろ。
考えて知識を補完すると、上書きするのが大変です。

優秀な違う才能は邪魔なだけ。
世の中は、矛盾だらけなのですね。
 




 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
春の兆し足りないモノ探し ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。