So-net無料ブログ作成

ファンの音 [道すがら]


街の外れに小さな太陽電池の拠点ができました。
それが春頃から稼働しています。

今年は高温になった割に、日照時間が少なかった様に思います。
太陽が雲に隠れて、燦燦と日の光が注いだ様には思えません。
これで発電できるのか、少し気になりました。

今年の春に買った、太陽電池のマスコットは曇り空でも動いていました。
メーカーの拠って、動きが活発な物とそうで無い物があります。
どこぞの太陽電池なのか理解できませんが、製品の個体差がありますね。

近所の太陽電池パネルは、夜明けとともに動いているみたいです。
冷却ファンでしょう、唸り音が聞こえて来ます。
朝の静けさに目立つ機械音です。
太陽電池の交換率は、2割も無いらしいです。

太陽温水器は交換効率が良いですね。
直ぐにお湯になって出て来ます。
朝シャンは無理でも、昼シャンなら何度でも可能です。

電気にするより、温水の方が効果的で、機会損失も投資も少ない。
集光レンズで、チベットではお湯を沸かすと、ラジオCMに流れたりします。
たぶん、日本でも可能でしょうね。
これなんて夏休みの図工でも出来そうです。
お湯を沸かして、カップ麺でも食べれば便利です。

ハイテクは凄いけれど、技術革新を待たねば、最大効率になりそうもありません。
自動車などと、同じ運命なのでしょう。
熱交換率の上昇と、エネルギーの保管。
これが次世代の命題になるのでしょう。




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。