So-net無料ブログ作成

朝からの涙 [驚いた事など]


早朝から悲観に暮れた日本でしたね。
先の引き分け時にも何もコメントしなかった私。
勝負事はどちらかが必ず負ける。
でもサッカーの場合は引き分けがあるのが特徴的です。


思い起こしてみると、40年位前はサッカー少年だった。
完璧にマイノリティー組。
グローブにバットを持つ子が圧倒的に多かった時代です。
漫画のスポーツものは野球くらい。
東京オリンピックの余韻も過去であり、バレーも下火。
時折柔道漫画があるくらいでした。
今みたいにバスケやテニスの漫画もなかった。
「エースをねらえ!」はありましたね。
後はボクシングや空手。
血飛沫が飛ぶものです。

サッカーが注目されたのはメキシコオリンピック。
三位でしたから、今年は優勝すると本田が宣言したことも、あながち夢でもないのです。
ソレナリに実績があるのです。
実現したら凄いことですね。


タイトルにある涙に関しては、ニュース映像で見たから書きません。
貰い泣きした人もいたのでしょう。
無力感とか失望感に襲われてしまったのだと思います。
「あんなに頑張ったのに」と感じていないと泣けません。
私も色んな場面で泣きましたから、何となくわかる気がします。



流した涙を一瞬で乾燥させるような思想もあります。
今日には相応しくないから、機会があれば書くことがあるでしょう。
思想や宗教は、時に凡人の感情を越えて輝くもの。
泣いている自分が、無知だと知って赤面するような考えです。
出逢った時には、倒れるかと思いました。
気になるかたは、図書館にでも行って、思想宗教の本を全て読んで見て下さい。
たぶん見つかると思います。
せいぜい1千冊くらいですから、一年位で探せるかも知れません。


そんな思想に出会い、全く泣けなくなった。
なんて書きませんよ。
逆です。
逆に涙もろくなったのです。

ああ、もう凡人以下でイイやと思えたのと、老化現象です。
小さな子が水玉の涙を浮かべているだけでウルウルしちゃう。
貰い泣きです。
昨年はジブリアニメ見て、映画館で散々泣いて来た。

泣きたい時には泣く。
誰かが泣いていたら、一緒に泣いてやる。
これ、メンタルヘルス手技では正しい行為です。
共感の感情表現ですから。

哲学宗教なんてアッチへポイです。
心理学の心得と技法さえあればいい。
そしてカウンセラー魂があれば、人生は充分です。
一緒に泣いてスッキリすればイイのです。
誰の為でも無く、自分の為に泣けばいいのです。
他人に共感出来なくても、自分のインナーチャイルドに共振すればいい。
涙は辛さを流す洗浄剤です。
泣いて浄化しましょう。

今朝はブラジル発からのメソメソ映像で、テレビを見てウルウル。
出掛け際で、車の運転し難いったらありゃしない。




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。